ホーム仏壇処分

仏壇処分

仏壇処分・仏壇供養一式お布施代込50000円追加料金一切無し

弊社リライフでは、面倒なお手続き等を一手にお引き受け致します。
後日、供養証明書も発行致します。


魂抜き・お性根抜き・お焚き上げ等、宗派によって相場がまちまちです。
そして、お布施代にお車料に仏壇の処分代。
昨今、面倒が多い仏壇処分のみ業者にご依頼するケース増加してきています。
お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

もちろん、人形供養等も承っております。
ご気軽にご相談下さい。

仏壇を処分する前に確認しておくこと

仏壇の処分を進める前に、開眼法要(かいがんほうよう)が行われているかどうかを確認しましょう。開眼法要は魂入れとも呼ばれるもので、新しい仏壇やお墓などを作った際に行われる法要です。

故人の魂は仏壇に自然と宿るものではありますが、その霊位を呼び覚ますという意味合いで開眼を行います。つまり、開眼法要が行われている仏壇は、故人の魂が納められています。

開眼供養が行われた仏壇は、処分を進める前に閉眼法要(へいがんほうよう)を行います。閉眼法要とは開眼法要の逆で、故人の魂を納める役目を終えさせるための法要です。魂抜きとも呼ばれるもので、これを行うことにより、仏壇は木の入れ物へと戻ります。

この供養を行わないままに処分することは、故人の魂ごと処分することになってしまうため、事前に確認するようにしましょう。
お問い合わせ